■若いのにねえ : RACHAEL PRICE『The Good Hours』

以前の記事でも書いたように「美人ジャケ」は、目を惹いてしまいます。

 

24歳(今年25)にしてこの艶やかさ。

でもよく見てみると、あどけないような表情。

 

いずれにしてもジャズファンであるならば、特に男性ジャズファンであるならば、手にいれたくなる種の作品であることには違いないでしょう。

最近こんなことばっかり言っているので、頭がおかしいのではないかと思われるかもしれませんが、まあ、そんなことは決してありません。

 

と、今日の一枚はこれです。

今日の主人公 RACHAEL PRICE。

1985年生まれ、テネシー州ヘンダーソンヴィル出身のボーカリストです。

もうすでに、あちこちで(というほどでもないですが)レビューされているので、目にされたことがある人も多いでしょうし、まあまあ注目を集めている人なんだなあという感じです。

 

本当に正統派。

 

これも注目を集めるというか、人気が出そうな雰囲気を醸し出している理由の一つなのだと思います。

やっぱり何だかんだ言ったところで、みんなオーソドックスなスタイルのジャズが好きなんだと思います。もちろん私も含めて。

 

「お~ジャズ聴いてるやん!」

 

と、はっきり分かる、その時間、その空間を認識したいというか。

ジャズを聴きたいから、ジャズのCDを買っているわけで、そこに「正統派」という枕詞をつけられると、何であれまずは、

 

「お?!」

 

という反応は示すのです。

何というか、

 

「まあ、裏切られることはないやろうな、おそらく」

 

という心境になります。まあ、「品質保証」のような感じでしょうか。

 

まず、この作品にはそれがあった訳です。そして、前述したようにこのジャケット(笑)

ジャケットからも「正統派なんだろうな」ということが伝わってきますし。

保証が二つ付いた訳です。

 

そして、中身を聴いてみます。

 

正直、若手が唄っているような印象は受けません。

非常に自信に溢れた表現力。

 

ある意味、ジャケットの艶やかで優雅な雰囲気は裏切られます。

というのも、非常にパンチがあるので。声質なのでしょうか、それとも今書いたように自信から来るものなのでしょうか?とにかくパンチ力があるのです。

 

一曲目をかけて、彼女の声が聞こえた瞬間に、

 

「よっしゃ、これは大当たりやわ」

 

という、その先の展開についても、なんだか保証を与えてくれるような印象深さ。

このへんが、自信を感じさせるポイントなのでしょうか。

 

それにこの一曲目、ヴァイブのソロも入っていて、そこも心地よい疾走感を感じられて良いです、ちなみに。

 

やはり、「オープニング」で印象を与えられるか、与えられないかで、その作品の評価というのは、ずいぶん変わってくるものなんだと思います。

 

人間は第一印象を基準として、その後の出来事を判断する傾向にあります。

「アンカリング」というのですが、まさに、良い「アンカリング」が働いているんですね、第一印象が良いと。

 

「この作品は良い作品」

 

という、印象が最初に残ると強いのです。ちょっと、「ん・・・」というような曲が1曲くらい入っていても、「良い」という「アンカー」があるので、「そんなことないか!」と、否定的な感情を打ち消そうとするのです。

 

まあ、この作品『The Good Hours』には、正直言って「ん・・・」という様な瞬間はありません。

とてもバランスよく、「ジャズ」を楽しめるのです。

 

6曲目「Lagrimas Negras」。

スペイン語で唄う彼女が、なんと神々しく見えるか(笑)

 

こういう変化球は入っていますが、「わあ、素敵!」となるわけです。

 

彼女、この年齢にして既に3枚CDを出しています。ファーストが18歳。

何となくですが、彼女、この先、非常に有名になりそうな気がします。

 

お父さんがプロデューサーとして入っているし、親のバックアップもばっちりですから。

まあ、それが関係あるのかどうかは分かりませんが。

 

とにかく、期待感を持たずにはいられない若い力なのです。

 

収録曲は、こんな感じ。

 

  1. that old black magic
  2. the trolley song
  3. i only have eyes for you
  4. you go to my head
  5. skylark
  6. lagrimas negras
  7. stairway to the stars
  8. serenade in blue
  9. from this moment on
  10. mood indigo
  11. love you madly